お金を借りる

お金を借りる際の低金利おすすめキャッシングはこれだ!

お金を借りる時には、返済の負担が軽減するように低金利なキャッシング会社から借りるということにこだわりたいという人が多いでしょう。それはとっても大切なことです。
でも他にもキャッシング会社を選択するのに重要なポイントがあります。それはスピード対応です。
低金利で、スピーディーに融資をしてくれる会社を厳選しました。

 

《アコム》

 

【融資スピード】
◆即日融資可能!! 審査回答まで最短30分以内
◆急いで借りたいけれど、初めてで借り方が分からない人にオススメ!!


【金利】
◆初回限定で最大30日間、無利息キャッシングが可能!
◆支払う利息をできるだけ抑えたい人にオススメ!!
◆貸付金利 4.7〜18.0%


【利便性】
◆土日、祝日の休日も、自動契約機(むじんくん)で即日キャッシングが可能!
◆楽天銀行の口座があれば24時間365日の振込融資も可能!!
◆来店不要でお金を借りれる!


【貸付条件】
◆安定収入があれば、アルバイト、パート、自営業も利用できる!
※ 即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。


《プロミス》

 

【融資スピード】
◆最短即日融資が可能!


【金利】
◆初回限定で最大30日間、無利息キャッシングが可能!
◆貸付金利 4.5〜17.8%


【利便性】
◆三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日の振込融資が可能!!
◆来店不要でお金を借りれる!
※ 即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。


《モビット》

 

【融資スピード】
◆最短即日融資が可能!


【金利】
◆貸付金利 4.5〜17.8%


【利便性】
◆WEB完結申込みを利用すれば、会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りれる!
◆来店不要でお金を借りれる!
※ 即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。


借入の基礎知識

まずは借入の基礎知識からはじめましょう。

借入を始めるために、キャッシングを利用する際に必要になる情報をまとめてみました。
キャッシングを利用するために用意しなければいけない書類、利用限度額について、キャッシングを利用するまでの手続き方法などをご紹介していきます。

 

借入をするということは、便利で安心して利用できることから、一般的にはキャッシングを利用することが多いでしょう。
お金を借りるというと銀行に行って・・・というイメージを持っている人も多くいると思いますが、銀行で融資を受けるとなるとそれなりに日数も必要で準備する書類も多いので大掛かりになってしまいます。

 

それに比べると、キャッシングは1万円などの小額からの借入が可能で、さらに1,000円単位で借入金額が区切れるので必要な時に必要な分だけ借入ができるのが魅力です。
融資を受けるための時間も短く、最短で申込みをしたその日に受け取ることが可能です。

 

キャッシングをして融資を受け取る方法は大きく分けると2つあります。1つは、振込キャッシングという方法です。
振込キャッシングとは、スマホや携帯やパソコンなどのインターネットから申込みをし、指定した口座にお金を振り込んでもらう方法です。
来店などする必要がなく、ウェブ上で全ての手続きが行えるので利便性が高くで人気のある方法です。
人目が気になる人でも、誰かに気づかれることなくキャッシングを利用することができます。手続きがウェブ上でスムーズに進むために、即日融資をしてもらうことが可能です。

 

もう1つは、ATMなどに備え付けられている自動契約機などで手続きを進めてカードを発行してもらいカードを利用してお金を引き出す方法です。振込キャッシングと違い遅い時間などでも対応してくれるところがあるのと、その場でお金を引き出せるというのがメリットです。近くに自動契約機がある場合には便利です。自動契約機で契約を済ませてその場で融資をしてもらうことができます。

 

キャッシングを利用するための手続きで必要になる書類は、そう多くありません。

 

小額の取引であれば、身分証明書があれば充分です。

 

身分証明証というのは、運転免許証、パスポートや健康保険証などのことです。その他に住民票などの提出の必要はありません。捺印することもないので、印鑑の用意をする必要もないので気軽に手続きが進められるのも良い点でしょう。まとまった額の取引の場合には、別途所得証明書類の提出を求められることがあるので確認しておきましょう。

 

キャッシングを利用するのに、担保や保証人を準備する必要はありません。どこのキャッシング会社でも、不要で利用することが可能です。

 

キャッシングの利用限度額においては、収入や返済能力によって設定が異なります。自分が希望している借入額よりも少ない限度額になってしまうこともあれば、自分が思っている以上の額の利用限度額の設定になることがあります。ただし、借入額は必要最低限にしておくようにしましょう。その後の返済のことや、審査においても額が大きくなればなるほどハードルが上がってしまいます。利用限度額は、増額などの相談に応じてくれることもあるので、万が一の時には連絡をして相談をしてみましょう。

 


誰にもバレずにお金を借りるコツとは?

キャッシングの利用を誰にも知られたくない方

お金を借りたいけど、できたら家族や友人に知られることなくお金を借りたいですよね。特に勤務先にはバレたくないという人が多いのではないでしょうか。
そこで、誰にも知られることなくお金を借りるためのコツについてご紹介していきます。

 

こっそりとお金を借りたいという人は、キャッシング会社に来店したり自動契約機に出向いたりする必要のないウェブ申込みを利用するようにしましょう。

 

ウェブ申込みは、申込みから利用開始までの手続きを全てウェブ上でできるのでどこかに出向いて手続きをする必要がありません。ウェブ申込みは、24時間受付をしてくれるので自分の都合の良い時間に申込みができるのが魅力。ただし、24時間審査や契約ができるわけではなく、手続きが進められる時間は決められているので要注意です。もちろん、パソコンからだけでなくスマホや携帯からの申込みもできます。

 

キャッシングの申込みの際には、同意書や担保、保証人の必要がありません。
婚姻届などのように、届け出人の印鑑や証人のサインなどの必要が全くないので、他の人に事情を話さなければいけないということがありません。

 

家族と同居している人や社員寮などに住んでいる人は、郵送物も気になりますよね・・・。キャッシング会社からくる郵便物では、キャッシング会社名が記載されているわけではなく、「●●事務局」などというような送付先になっているので一見キャッシング会社からの郵送物だとは気づかれないようになっています。

 

それでも「もし間違って家族に開けられてしまったら・・・」と心配な方は、郵送物が一切ないモビットで申込みをするとよいでしょう。

 

モビットのWEB完結申込という方法で手続きを行うと、モビットからの郵送物がないのと電話連絡もないので、郵送物が気になる人にはとてもオイシいキャッシングです。

 

電話での在籍確認についても気になるところでしょう。申込書に記載されている内容に嘘偽りがないかどうかを確認するために、キャッシング会社が職場に電話を入れて実際に会社に在籍をしているのかどうかを確かめるということが行われています。大抵のキャッシング会社で実施されていることなので避けて通れないものです。

 

でもキャッシング会社が会社に連絡する時には、絶対にキャッシング会社だということがバレないようにします。

 

電話をする時には、キャッシング会社名ではなく個人名を名乗って電話をします。外出中などで本人につながらなくても、会社に存在していることが確認できればそれでよいのです。わざわざ、キャッシング会社から の電話を待つ必要もありません。職場にかかってくる電話は女性しかあり得ないなどの場合は、あらかじめキャッシング会社に事情を伝えておけば女性スタッフが電話をかけてくれるなど、事前に相談をすると細かく対応してくれるところが多いので安心です。

 

それでも在籍確認の電話が心配だという人は、モビットのWEB完結申込方法がベストです。キャッシング会社では珍しく、会社と自宅に電話をしないというものなので、会社の人にバレるかもという無駄な心配をする必要がないですよ!

 


キャッシングの審査について

キャッシングの審査はどのように行われるのか?

キャッシングを利用する時には、必ず審査が行われます。これもお金を借りたいのならば避けては通れないものです。
審査と聞くとハードルが高く感じてしまうものですが、審査では返済能力があるのか無いのかを確かめるために行われるものなので、貸す側のキャッシング会社にとっても借りる側の我々にとっても大切なものです。

 

実際にキャッシング会社の審査では、どんなことを基準にしてお金を貸すかどうか決めているのか気になりますよね。
返済能力がどれくらいなのかを見極めるものなので、申込者の属性を基準に決められていきます。
その際に使用されるものが、申込書です。
申込書に記載されている年収、住宅状況、勤務状況、家族構成などの基本情報から審査されています。

 

想像通り、勤続年数が長くて年収もそこそこあって安定した職業に就いている人は審査で有利になります。
一方、転職を繰り返し勤続数が浅い人や不安定な仕事をしている人は審査で有利になりにくくなっています。
とはいえ、審査基準はキャッシング会社によって異なりますので一概には言えません。

 

審査に有利になりたいからといって、年収や勤務先を偽って記入するようなことはしないようにしましょう。
キャッシング会社とのお金の貸借りは、信頼によって成り立っているものです(担保や保証人が不要なので)。ウソを記入してしまうと信頼性が欠けてしまい、審査には通らなくなってしまいます。記載内容に偽りがあることが判明してしまった場合には、契約違反にあたりキャッシングの利用ができなくなってしまいます。当然この先他のキャッシング会社でも利用できなくなる可能性があるので、絶対に偽りのないようにしましょう。

 

また、審査で重要視されるのが過去の履歴です。
お金の貸借りなどの履歴は、およそ10年間保管されています。その間に行われた取引が記録されているというわけです。過去にお金を借りていたとしても、きちんと返済されていれば審査には問題ないでしょう。
ただし、返済に遅延しているような過去がある場合には審査には不利になります。

 

他のキャッシング会社から借入をしている人は、それが審査に影響するのかどうかも気になるところですよね。短期間に複数のキャッシング会社から借りているような状況の場合は、厳しくなってしまいます。

 

審査では、希望借入額が大きければ大きいほどハードルが上がります。そのため、借入額は必要最低限にとどめるようにしましょう。
せっかく借入できるのであれば・・・と多めにお金を借りることがないように気をつけましょう。審査でも返済でも苦しめられることになってしまいますよ。

 

審査に不安があるという人は、金利を重視するよりも、審査に柔軟なキャッシング会社を選んで申込みをするとよいでしょう。キャシング会社のホームページ上に、簡単な記入だけで審査に通るかどうかのシミュレーションができるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

参照ホームページ:参考サイト:財務省日本銀行CICJICC全国銀行協会銀行消費者金融消費者庁借金クレジットカード融資日本政策金融公庫